OEMのご案内 Q&A

OEM(受託製造)のご案内

記念品や販促、商用販売、個人店様向けの小ロット商品もお任せください。
製品によっては1pcsの極小単位で作製致します。(日本オンデマンド印刷)
販促など価格重視の場合は海外生産にてご対応致します。
構想の段階から形にするお手伝いを致します。

株式会社Confianzaは厳格な品質保証体制のもと万全を期して製造していますが、
製造物責任制度に基づくPL保険に加入し、ご使用時の万一の時の安心に備えています。

—————————————————————————————-

Confianzaのメリット

国内生産・高品質
日本国内の工場で製作を行っているので、安心した納期・安定した高品質を実現

多様な商品展開
アクリル製品のみならず木製製品、塩ビ製品、キーホルダーから実用的なミラーや
スマホケースまで ご希望に沿った商品をご提供可能です。

最短 – 営業日発送
国内工場だから実現できる、最短納期を目指します。
短納期の場合は別途ご相談下さい。

極小単位での生産
製品によっては1pcsの極小単位で作製致します。(日本オンデマンド印刷)

価格重視のお客様へ
ノベリティなど価格重視のお客様へ向け、高品質な中国工場と提携しております。

—————————————————————————————-

よくある質問 Q&A

—————

Q.Confianzaはグッズ製作の実績があるのですか?

A.Confianzaはこれまで、テレビアニメのキャラクターや映画のグッズ、
アイドルグッズや同人グッズなどさまざまな有名グッズを製作させて頂いております。

—————

Q.OEMとは何ですか?

A.OEM とは、オリジナル・エクイップメント・マニュファクチャリング
(Original Equipment Manufacturing)の頭文字をとった略語です。
英語を直訳すれば、「自社の製品を製造する会社」となります。
しかし、現在日本では納入先ブランドの製品を製造する会社を指す言葉として用いられています。
また、そういった契約を包括してOEMと呼び、
自社ブランドの製品を他社に製造させることもOEMと表現されることがあります。

—————

Q.ミニマム生産ロットを教えて下さい?

A.製品によって異なりますが、中国生産の場合、基本1柄500pcs~となります。
300pcs×3柄=900pcsなど柄数によって1柄のロットを少なくできるよう交渉可能です。
イヤホンやケーブルなど機械製品は1000pcs以上必要となります。
日本で印刷する場合は極小ロットで対応します。

—————

Q.極小ロットとは何個の事ですか?

A.製品によって異なりますが、日本で印刷する場合1pcsでも対応できる製品はあります。
100pcs以上あると嬉しいです。※低単価製品の経済ロットは300pcs以上です。
中国で印刷する場合は300pcs~500pcs以上が基本の生産ロットとなります。

—————

Q.大ロットの注文でも大丈夫ですか?

A.数万個レベルの発注も承っておりますのでご安心ください。
ただ、納期に関して通常より時間がかかる可能性がございますので、
備考欄にご希望納期につき、ご記載ください。
弊社スタッフより連絡し、納期を決定させて頂きます。

—————

Q.PCデータ入稿費用&サンプル作成費用はかかりますか?

A.1デザインに付き、校正費がかかります。
上記金額はサンプル作成費用も含まれます。
製品によってサンプル費用が異なりますので、お気軽にお問合せ下さい。
校正が厳しいライセンス商品の場合、入校データ通り、明るめ、暗めの3パターンを作成して、
校了までの時間短縮に努めます。サンプル作成費用は製品によって異なります。

—————

Q.個別PP袋ってなんですか?

A.商品によってサイズは変わりますが下記画像を参考にして下さい。
ヘッダーなし、ヘッダーありの袋があります。チャック付き白OPP袋もあります。

—————

Q.キーホルダーの金具は選べますか?

A.価格は異なりますが、下記仕様の中から選択可能です。

—————

Q.サンプル作成はどれくらい時間がかかりますか?

A.製品によって異なります。
目安として国内印刷(約1週間)、中国印刷(約2週間)

—————

Q.量産にどれくらい時間がかかりますか?

A.製品と生産数量によって異なります。
目安として国内印刷(約2週間)、中国印刷(約3週間)
上記はあくまで目安です。印刷する部材の在庫状況によって納期は変動します。
受注後、生産ラインを確認してから納期回答致します。

—————

Q.印刷する部材として印刷前の製品を購入する事は可能ですか?

A.可能です。※販売不可の製品もあります。
現在HPに掲載している製品以外でもオンデマンド印刷用プレーン素材の企画・製造・
販売を行っております。
例えば、スマートフォンブック型汎用ケースの場合は300pcs~500pcsでお客様の
ご要望どおりの仕様に変更可能です。
スマートフォンブック型汎用ケースの場合
印刷面の素材、裏生地素材、カードポケット仕様、製品サイズ、ストラップホルダーの有無、
スタンド機能、ストラップ有無、縫製糸の色 等 細かく変更可能です。

—————

Q.返品できますか?

A.不良品、誤送品、運送中破損品は返送料弊社負担で返品可能です。
確認後すぐにご連絡ください。到着後5日以内を原則とします。

—————

Q.指定した場所への直送は可能ですか?

A.可能です。事前にご指示下さい。送料は別途ご相談致します。

—————

Q.印刷のみを依頼することはできますか?

A.プリント、コーティングといった二次加工、三次加工のみも承っておりますのでお気軽にご相談ください。

—————

Q.中国製造に関してキャラクター製造認定工場で製造していますか?

A ご指定がある場合は、ディズニーキャラクター商品製造認定工場
ユニバーサル(NBCU)商品製造認定工場 でも製造可能です。
証明、FAMAをご希望の方はお気軽にご連絡下さい。

—————

Q.昇華転写印刷とは何ですか?

A 昇華転写印刷は印刷方法のひとつです。
デザインを専用インクで転写紙にプリントし、その転写紙の印刷面をケース素材に圧着します。
これにより気化したインクがケース素材に入り込み、デザインを印刷することができます。
ケース本体の素材自体に印刷されるので、濡れたり擦れたりしても劣化することがありません。

メリット

・側面までの印刷が可能
・写真やグラデーションなどの表現が可能。

※曲面転写プリントについての注意事項
ケース側面や曲面へのプリントは得意ですが、画像には曲面なりのゆがみが生じます。
ケース裏面に絵柄の巻き返しが残りますが、本体に装着すれば見えません。
巻き込み部分は、印刷の特性上、背面に比べると色みが薄くツヤが出ません。
あらかじめご了承ください。

—————

Q.シルク印刷とUVインクジェット印刷の違いは何ですか?

A 。印刷方法の違いです。違いは簡単に言うと大量印刷に強いか小ロットに強いかです。

インクジェット印刷の場合、極小での印刷が可能です。版代の必要がありません。
さらに写真を使ったフルカラー印刷を得意としています。
デメリットは大量印刷の場合でもあまり単価が変わりません。

シルク印刷の場合、印刷スピードも速く、大量印刷に向いています。
また、1色事に版代が必要となります。小ロットで色数をたくさん使う場合、
非常に高い値段になってしまいます。ロゴ等の名入れに向いています。

UVインクジェット印刷とは

UV(紫外線)を照斜することで、速乾性のあるUVインクを素早く硬化(乾燥)
させる印刷方法です。従来の印刷方法に比べて、印刷表面が摩擦に強く、
変色もしづらい優れた耐久性を発揮します。小ロットにおすすめの印刷方法です。

—————

OEMについてのご要望や疑問、ご質問など、お気軽にお問合せください。
メンバー一同、お待ちしております。

>> お問い合わせはコチラ

ページ上部へ戻る